はじめてのテニススクール入門ガイド

LINE UP

TOP > テニスのスクール情報 > 昇級試験が消えた!テニススクールへの画像診断導入

昇級試験が消えた!テニススクールへの画像診断導入

錦織選手の活躍に、伊達選手の頑張りもありきで近場のテニススクールも子供達で賑わっています。
子供な習い事で今やテニスは珍しくないと言っていいのではないでしょうか。
小さな子ではそれこそまだスキップもできないような子から始めています。
集団行動を学ぶ場としてもお勧めなスポーツではないでしょうか。
さて、そのテニススクールも昔とは変わってきている模様です。
コーチが見極めていく昇級、いわゆるテスト形式が一般的と思いますよね?それが、最新なところでは、センサー付きのラケットなどが取り入れられているのです。
しかも、レッスンの様子を後からアプリで確認できるというのです。
お子さんのフォームも見ることができます。
遠くの控えベンチからよいせっと見ながら真っ芯で打てているのか?などともう目を凝らして頑張って見る必要がなくなるのです。
しかも、打ってすぐに子供達も備え付けのパッドで今打ったフォームを確認しながらのレッスンが可能になっています。
まあ小学生くらいだと、自分の画面を見てすぐに課題が見つかり修正していけるか?ということは難しいですが。
後から保護者の方と振り返りながら見れるのはとても合理的です。


定期的な昇級試験がなくなる!これも嬉しいことです。
どうしても外せない用事がある、でも試験だからスクール休めない?などという葛藤があることでしょう。
子供が習い事をしていることで良くも悪くも優先事項が変わってきますよね。
せっかく頑張ってレッスンを受けているのに、今週は出かけなければならないから諦めてーなどとは口が裂けても言えません。
頑張っている子供を応援してあげたい気持ちも強くあります。
ただ一度の試験くらいいいじゃない?と考える保護者の方もいれば、少しではやく昇級して欲しいと願う熱心な保護者の方もいるでしょう。
そして何よりも試験の時に限って調子が悪い!とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
もちろん、戦いの中でメンタル強化は大切ですが、上達の喜びを実感しながら成長してもらいたいものです。
日々のレッスンの記録があり、球のスピードから回転やラケットのどこで打っているかなど細かく見て判断してもらえるというのは、一発試験よりも毎回のやる気につながることでしょう。


もちろん実際にコーチからの指導も大切です。
ラリーでの動きや足はこびなどたくさん学ぶことがあるスポーツですから。
また、画面だけに向き合うのではなく、直接の褒め言葉やアドバイスは子供にとってもやる気につながります。
「今のいいよ、ナイスプレー」などと言われている子はルンルンと次に走っていきます。
少しくらいのミスショットでも「今の調子だよ、次はいけるよ」とコーチの言葉があるから頑張れます。
機械にだけ判断されて、ミスショットでした、という診断だけでは逆にやる気は無くなってしまいますよね。
機器の判断だけではなく、コーチの判断が入ることでより良いレッスンを受けられる気がします。
もちろん機械にもコーチにもナイスショットと判断されたら2倍に嬉しいでしょう。
きっと良いレッスンを受けたスクール生たちが、今後の代表的なテニスプレーヤーとして活躍していく日もそう遠くない時期に見られますね。