はじめてのテニススクール入門ガイド

LINE UP

TOP > テニスのスクール情報 > 運動不足解消に週1回のテニススクールがおすすめ

運動不足解消に週1回のテニススクールがおすすめ

学生の頃は体育の時間が設けられていますし、何かと体を動かすことが多いので、極端な運動不足にはなりにくいのですが、社会人になりデスクワークに縛り付けられると、運動不足になって血流も悪くなります。
運動不足の中でも特に「座り過ぎ」の健康リスクは問題になっています。
座っている間は「第二の心臓」と言われているふくらはぎの筋肉を全く使わないため、下半身に降りた血液を心臓に戻すポンプが働かなくなり、全身に酸素や栄養素が届きにくくなります。
酸素や栄養素が届きにくくなると新陳代謝も滞り、健康面や美容面に悪影響がでやすくなります。
すぐに健康被害がおきるのではなく、風邪を引きやすくなったり、肩こりや頭痛、腰痛など、じわじわと体調不良を感じることが多くなっていきます。
仕事の能率を上げるためにも「十分な栄養と睡眠」と「適度な運動」を普段から心がけましょう。


運動不足を解消するのに一番お手軽なのは、通勤の時に歩く距離を増やすことです。
「一駅手前で降りて歩く」「エレベーターやエスカレーターを使わない」など、これだけでも運動不足解消には役立ちます。
しかし、ただでさえ忙しい出勤日は、少しでも早く職場に到着して仕事に取り掛かりたいし、帰りは早く帰宅して食事や睡眠をとりたいものですよね。
わざわざ時間のない時に運動を取り入れるのも逆にストレスになるかもしれません。
無理して平日過ごして、休みの日には、その反動で一日中ゴロゴロ寝て過ごすのでは、むしろ不健康なサイクルとなってしまいます。
仕事の日は仕事に専念して、休みの日に体を動かしてリフレッシュするほうが合っている人もいるでしょう。
仕事と休みのメリハリをつけて運動を取り入れたほうが楽しく長続きすることもあります。


休日にジムに通ったり、ジョギングやウォーキングをしたりしてリフレッシュしている人は沢山いますが、1人で黙々と体を動かすよりも複数でスポーツをするほうが楽しく、長続きする人が多いようです。
複数といっても、野球やサッカー、バレーボールのような大人数のものですと、人を集めるだけでもひと手間かかりますので「気軽に」というわけにはいきません。
しかし、テニスや卓球など2人でもできるスポーツだと、自分の他に1人誘うだけで済みますし、スクールなら1人でも参加OKで、通っているうちに顔なじみや友達ができてきます。
テニスは各地にスクールが点在し、最近では屋内コートを完備している所もありますので、天候に左右されず自分の都合に合わせて利用できますので社会人や主婦に大人気です。
初心者の受け入れ態勢も抜群で、ラケットもボールもシューズもレンタルできますので、手ぶらで通う事もできます。
自分でラケットやシューズを購入しても1~3万円程度で良いものが揃えられますので、初期費用もそれほどかかりません。
広々としたコートで、人と適度な距離感でコミュニケーションをとりながら、楽しく全身運動ができますので運動不足解消には大変オススメです。